コンサルタントブログ BLOG

As many Great Hospitals as possible that contribute to the happiness of
owners and the health of animals

【2022年時流予測】生き残る動物病院は「1億以上の中大規模」or 「〇〇」である

いつもありがとうございます。
船井総合研究所動物病院ユニットの齋藤真緒でございます。

2022年がスタートして3週間ほど経ちました。新型コロナウイルス関連でまだまだ落ち着かない日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、2022年が開始した今だからこそ、1年のよいスタートを切るために、動物病院の院長の皆様に知っていただきたい時流についてお話します。

動物関連市場規模は将来性があるが、成長できる動物病院と衰退する動物病院の二極化に

動物にかける金額が多くなる飼い主様が増えつつあり、中でも健康意識の高まりとともに、動物病院にかける費用も増加しています。飼い主様の心理としては、「通いやすい距離にある病院」よりも「接遇・治療技術含めて特色があり、満足度が高い病院」を選択するようになります。

よって特徴のない動物病院は淘汰され、独自の長所を持つことで生き残る経営戦略を組んでいく必要があります。今後、動物病院は大きく3つに分かれていきます。

①大規模法人病院・・・現在、大きな法人がどんどんM&Aを実施し、法人として大きくしている
②中堅規模の病院・・・二次診療も実施でき、ある程度の規模がある
③専門性のある病院・・・・猫専門や歯科特化など診療動物・科目・で特化している病院※現在は全体の数%

今後、皆様が歩んでいく道は、「中規模・大規模の仕組化された病院」または「専門化された病院」のどちらかといえます。

自院がこれといった特色がない・・・という自信がない院長先生へ

「中堅規模の動物病院にあと一歩近づけない」「集患力が弱まっている」と感じている院長は、まず飼い主様にアピールするべき特色は何か?ちゃんと飼い主様に特色が伝わっているか?を見直していただきたいのです。

特色がまだないという院長は、戦略的に【犬+○○科】【猫+○○科】のような専門性の魅せ方をすることをご検討ください。

特に、今後の飼い主様の需要が増加していくと予測されるのが【ねこ】に特化あるいは、強化していく動物病院です。

徐々にですが、動物病院業界において、【ねこ】の診療を強化・特化していく病院は増加している予兆が見られます。それはねこの飼い主様増加とQOL向上が要因しています。実際、日々の診療においてもねこの診察が増加している実感のある病院様も多いのではないでしょうか。さらに、犬の飼い主様が今後減少していくことが予想される中、動物病院の経営者様は自ずと【ねこ】の飼い主に集中した経営をしていくことが求められます。

しかし、ねこの集患や固定化にはなかなかハードルが高いのも事実でしょう。そこでねこ集患と固定化を最短最速で成功させるためのノウハウを大公開しmす!翌日からすぐに実施していただける内容です。

ねこ強化型動物病院の作り方セミナーで、ねこの集患・固定化・業績アップのノウハウを大公開

★こんなお悩みをお持ちの方へ★
・もっとねこの集患をしたいと考えているが、なかなか増えないとお悩みの方
・定期的に通院してほしいが、どのようなアクションをしたらよいかわからない方
・ねこにもっと注力したいが、収益性のバランスがとれるか心配な方

★セミナーで学べるポイント★
①猫を取り巻く市場・環境の最新動向
②猫の飼い主様の考え方・マインド
③猫集患のポイント
④猫が定期的に通院してくれる環境づくり

ねこの飼い主様が増えている今こそ!
ねこ強化型動物病院の作り方セミナー

ねこ特化動物病院の作り方

すでに多くの方にお申込みいただいております、人気セミナーとなっております。
オンラインなのでどこからでも参加可能です。この機会に是非お申し込みください。

▼日程
2022年2月9日(水)13:00~15:00
2022年2月16日(水)13:00~15:00
2022年2月24日(木)13:00~15:00

※各回、同じ内容です。ご都合のよい日時をお選びください。

▼費用
一般価格 10,000円 (税込 11,000円)/ 一名様
会員価格 8,000円 (税込 8,800円)/ 一名様

動物病院経営.COMを
見たとお伝え下さい。

0120-958-270

受付時間 平日9:45〜17:30

CONTACT
お問い合わせ マイページ 無料メルマガ登録はこちら