コンサルタントブログ BLOG

As many Great Hospitals as possible that contribute to the happiness of
owners and the health of animals

動物病院の採用のコツを専門コンサルタントが解説

採用において大事なのは【幸せ】の観点です。この人を採用して組織として会社として幸せになるかという点です。人不足だからといって、病院とマッチしない方を採用してもうまくいかないのが事実で、お互いが不幸になってしまいます。

採用にとって、重要なのは、如何に母集団形成できるか、そして採用基準をどう設定するかです。それを強化していくことがマッチする採用の一番の近道です。

そして、採用の形が決まったら、それを上手く運用してくことが大事になってきます。

 

ただどうすればいい?という疑問も湧くかと思います。

下記、クライアント様からよく質問される内容です。是非、採用活動に役立てて頂けたら幸いです。

採用にお困りの方は以下の無料ダウンロードレポートもダウンロードしてみてください!

本レポートでは以下の内容を記載しております。

・動物病院における採用チャネル
・採用活動の流れ
・母集団形成に関するTODO
・求人票作成のポイント
・採用サイト作成のポイント

 

Q:なかなか応募が来ません。。なぜですか・・・?!

 

A:応募が来ない理由は様々ありますが、見せ方・出し方が大きな要因の一つです。つまり、出会うか・出会わないか、印象が良いかどうかが重要なのです。何かしら自院に魅力はお持ちだと思います。それをどう見せるか・応募者と出会えるかが大事です。お金をかければいいと言うのではなく、適材適所、適した・効果ある媒体を活用することが重要です。

 

Q:具体的に何から手を付けていけばいいですか?

 

A:採用と一言に言ってもやるべきことは多岐にわたります。しかし、日々の忙しい診療の中、採用に割ける時間が限られてしまうことが現状です。病院の規模に応じて、最も効果の高いものから集中して実践していくことが重要となります。

 

Q:見学・実習はくるのですが就職までに至りません。なぜですか・・・?!

 

A:実習の受け入れ態勢に課題があることが考えられます。スタッフ全員で協力し、実習生を受け入れる体制構築が必要です。また、教育の体制の充実や評価制度の有無なども比較の要素となります。最も重要なポイントは病院の雰囲気です。いかに「一緒に働きたい」と思ってもらうかに力を注ぐ必要があります。

Q:入社が繁忙期のため教育に時間をさけません。どうすればいいですか?

 

A:内定者アルバイトを活用するといいでしょう。内定とともにアルバイトとして入っていただくことで、余裕をもった教育ができます。スタッフとのコミュニケーションもとることができ早期に病院になじむことができます。

 

毎年1人以上コンスタントに採用を考えている方は採用サイトの作成も検討いただいた方がよろしいかと思います。

本レポートでは、採用できている病院が取り組んでいる採用サイトについてお伝えします。 病院経営の一助になること間違いなしです!

こちらも無料でダウンロードできますので是非ダウンロードしてみてください!

動物病院経営.COMを
見たとお伝え下さい。

0120-958-270

受付時間 平日9:45〜17:30

CONTACT
お問い合わせ マイページ 無料メルマガ登録はこちら